正楽寺日誌 つれづれなるままに 正楽寺日誌 つれづれなるままに

あとどれくらい…

お寺の看板犬のロン(1枚目)とルイ(2枚目)

今年15歳と14歳
 
それぞれ肝臓癌と糖尿病を患っています
 
 
年齢や病気のこともあり
 
あとどれくらいの時間
一緒に過ごせるのかな?
 
と いつも頭をよぎります
 
 
それぞれにいただいた いのち
 
時間に限りのある尊いいのちだから
 
一緒に過ごす
 
一瞬一瞬を
 
大切にしたいと思うのです

 

IMG_20210802_231735_295   IMG_20210802_231735_608

梅雨入り

関東地方も今週いよいよ梅雨入りしました

 

この時期は

暑かったり、涼しかったり

 

皆さまどうぞご自愛のうえお過ごしください

 

 

川崎正楽寺 境内の紫陽花も小ぶりながらキレイに咲きました

 

 

DSC02964   DSC02962

 

母の日

いつもお世話になっているUさんが

坊守に母の日のカーネーションの花束を

プレゼントしてくださいました。

 

お心遣いに心より感謝です。

 

Uさん ありがとうございます^^

 

 

DSC02710   DSC02711

みんなちがって みんないい

今日もひたむきに生きるあなたへ

 

晴れの日には晴れの日の美しさ

 

雨の日には雨の日の美しさがあります

 

 

みんなちがって みんないい

 

とは、金子みすゞさんの詩の一節

 

お経の言葉では

 

青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光 

(しょうしきしょうこう おうしきおうこう しゃくしきしゃっこう びゃくしきびゃっこう)

 

と 教えていただいています

 

それぞれが

それぞれの個性を尊重しあえる世界でありますよに

 

 

DSC02626   DSC02650   DSC02648   DSC02625

僧侶の役得

法話を考えるとき
お聖教(しょうぎょう)の言葉を
自分の体験を通して味わいなおしています
 
何度も何度も
自分の生き方を見つめ直す時間をいただいています
 
誰かに
仏さまの話のお取次ぎをさせていただくなんて
おこがましい
 
誰よりも
私が一番
お育てにあずかっている
 
それが僧侶の役得なのかもしれません

 

20210506

3 / 12«...234...»
ページ上部へ