正楽寺日誌 つれづれなるままに

きづかなくても
大いなる親のひざの上

 拝まない者も

 おがまれている

 

 拝まないときも

 おがまれている

 

 これは、私の近くの路傍のお地蔵さまからいただいたことばです。

  私は、若い頃、「無神論」にたぶらかされて、仏さまもくそもあるものかなどと

 壮語していた時がありました。しかし、そういう私をも、仏さまは、赦し、念じ、

 祈り、拝んでいてくださいました。きがつかなくても、大いなる親のひざの上だったのです。

  私は、毎朝、目を覚ますと、このことばを、心の中でつぶやきます。そしてお念仏

 しながら起床させてもらいます。一晩中、眠りこけている真最中も、私は、願われ、

 拝まれ、赦されて、過ごさせていただいていたのだと思うと、おのずから、お念仏

 が出てくださるのです。

ページ上部へ