正楽寺日誌 つれづれなるままに 正楽寺日誌 つれづれなるままに

心が折れそうな時

今日もひたむきに生きるあなたへ

 

今 どんな気分ですか?

今日はどんな洋服を着たいと思いましたか?

 

先行き不透明な今

自分はどうすればいいのか分からずに

大きな流れにのみ込まれて

自分を見失っている方がいらっしゃるかもしれません

 

まずは 日常のことからコツコツと

 

毎瞬 毎瞬

小さなことから

自分と向き合うことをはじめてみませんか

 

それが

 

生きる

  

ということと

向き合うことに繋がるのです^^

決して孤独ではない世界

今日もひたむきに生きるあなたへ

 

この時期 家に居ることが多くなり

人と会う時間が減ると

 

私はひとりぼっち

 

と 思う人がいるかも知れません

 

 

私たちは目の前に人が居ないと

自分は孤独だ ひとりぼっちだ 

と思ってしまうでしょう

 

 

でも 本当にそうでしょうか?

 

 

例えば 今 あなたが着ている洋服

 

作ってくれる人がいて

売ってくれる人がいる

だから暖かく過ごすことが出来ます

 

 

【今】【目の前に】

その人が居なくたって

目に見えなくたって

しっかりと

私たちは繋がっているのです

 

 

私たちは決してひとりでは生きていけません

 

仏教では

そのことを【縁起】と言います

 

私たちは皆

多くの人や多くのものに

支えられて生かされている  

ということです

 

目に見えなくても繋がっている

 

寂しい と感じることがあったら

ぜひ 思い出してくださいね^^

いつでも どんな時も

今日もひたむきに生きるあなたへ

 

頑張る日があってもいい

 

頑張らない日があってもいい

 

どんなあなたでも大丈夫

 

どんなあなたでも

いつも寄り添ってくださっているのが阿弥陀さまだから

 

生きる

何気ない毎日

 

当たり前のように朝起きて

 

当たり前のように夜寝る

 

全てが当たり前すぎて気にも止めないけど

 

 

何でもない日暮らし

 

出来ているのは

 

 

 

この【いのち】あってこそ

 

 

 

そのことをしっかりと噛み締めて

 

1日1日を

 

大切に生きてまいりましょう

 

 

 

写真は川崎正楽寺境内の夏みかん

大分色づきました^^

 

 

2020冬 夏みかん

人間はみんな
すばらしい

 井上先生が、四年生を担任していたとき、M君という、みんなから困られている

子どもがいました。仲間が掃除していても、少しも協力しないばかりか、せっかく

みんなが掃き集めたゴミを蹴散らしてまわります。仲間が机を整頓すると、ひっくり

返してまわります。そういうとき、これまでの担任の先生は、きびしく叱りましたが、

井上先生はなぜか叱りません。子どもたちには、それがまた不満でした。みんなが、

M君に忠告しても、M君はきき入れようとはしません。

 とうとう、学級委員の女の子が、腹を立てて、M君のことを作文に書きました。

それには、井上先生も知らないM君の行動もたくさん書かれており、「どうして

先生はMちゃんに甘いのですか。もっときびしく叱ってください」という要求も

書かれていました。

 井上先生は、その作文をコピーして、みんなに配りました。みんなも、全く同感

でした。「M君は、どうしてぼくらのいうことをきいてくれないのか?」「Mちゃんは、

どうしてわたしたちのいやがることばかりするのですか?」と、M君を追及する

声が沸きおこりました。

 M君は、黙って、下を向いたままです。

「M君、君にも、言いたいことが、いっぱいあるはずだ、言ってごらん」

と先生が言っても、一言も言いません。

「いえないかもしれないな。ほんとうにつらいときには、口には言えないからな。

では、M君、言いたいことを、書いてみないか」と、書くことを勧めました。

 作文の大嫌いなM君でした。作文なんか、一度も書いたことのないM君でした。

が、そのM君が、ぎっしり、いっぱい、作文を書いてきたのです。それには、赤ん

坊のときから、オシッコのくせがわるかったこと。よその同年の子どものオムツがとれても、

オムツがとれなかったこと。幼稚園にいくようになっても、パンツがぬれたこと。

みんなから「くーさいぞ」「くーさいぞ」「しょんべんこき」「しょんべんこき」

などといっていじめられたこと。いじめられるのがいやで、家にとじこもるようになったこと。

運動しないのでぶくぶく太ってきたこと。日に当たらないので色が白くなったこと。

「白ブタ」「白ブタ」といじめられたこと。それをじっとがまんしていると、

「白ブタを怒らせる遊びをしようや」などといって、持ちものをかくしたり、

履物をかくしたりされたこと。腹を立てると、「白ブタが怒った!」「白ブタが怒った!」

とはやしたてられたこと。「いつかきっとかたきをうってやるぞ。もうおまえたちの

いくことなんか、絶対聞いてやるものか」と考えるようになったことが、ギッシリ、

書かれていたのです。

 先生は、それをコピーして、みんなに配りました。子どもたちは、びっくりしました。

M君を困った子にしていたのは自分たちであったことがわかったからです。

「M君、ごめん!」

「Mちゃん、ごめん!」

 みんな、泣きながら、M君に詫びました。そうなると、M君も、たまらなくなって

しまいました。泣きながら、みんなの前へ出て、

「ぼくこそ、みんなの困ることばっかりやってごめん!」

と詫びました。

 M君が、いきいきとして登校するようになりました。教室のふんい気が、いっぺんに

変ってしまいました。

 いちばん喜ばれたのは、お母さんでした。工場へ出勤するのを二時間も遅刻して、

手紙など、一度も書いたことのなかったお母さんが、忘れた字を思い出しながら、

学級の子どもたちに、お礼の手紙を書かれたのです。

 それには、寝小便のいい薬があると聞くと、どんなに高価でも、買い入れて服用

させたが、効き目がなかったこと。鹿児島に、いいお医者さまがおられると聞いて、

わざわざはるばる診てもらいにいったが、効き目がなかったこと。どうしてお前は

オシッコのくせがそんなにわるいのかと叱ったこと。親でも、どうしてやることも

できなかったのに、皆さんのおかげで、Mが、いきいきと学校にいくようになって

くれましたと、ギッシリ書かれていました。

 子どもたちは、また、びっくりしましました。M君だけでなく、M君のお母さんや、

家族の皆さんまで、長い間、苦しめていたことに気づいたのです。

 みんなが、お母さんに、お詫びの手紙を書いて届けました。それをお母さんが

感激して、また、手紙を書かれました。

 そのお母さんの手紙を、先生は、「学級通信」に載せて、家庭に配りました。

親ごさんたちがびっくりされました。M君という困った子がいるということは、

子どもたちから聞いて、みんな知っておられました。が、「M君の親ごさんは、

どうしてM君を指導しないのか」と、よそごとに考えておられたのです。ところが、

それを、よそごとに考えていた自分たちが、M君や、M君の家の皆さんを、長い間、

苦しめていたことに気づかれたのです。

 このことが、もとになって、子どもの問題を、みんなの問題として勉強しあう、

勉強会が発足し、井上先生とご縁が深いというので、私までその会に参加させて

もらうことになってしまいました。

2 / 24123...»
ページ上部へ