正楽寺日誌 つれづれなるままに

輝くいのち 輝く新年

おめでとうございます。  お父さま、お母さま、お子さま、揃って、このま新しい年をお迎えくださって、おめでとうございます。  私は、今、長女が三歳の秋、お医者さまから「お気の毒ですが、この病院は百人中九十九人は助からぬといわれているものです。もう今夜一晩よう請け合いません」といわれた晩のことを思い出しております。  脈を握っていると脈がわからなくなってしまいます。いよいよ別れのときかと思っていると、ピクピクッと動いてくれます。やれやれと思う間もなく脈が消えていきます。体中から血の引いていく思いで、幼い子どもの脈を握りしめていると、かすかに脈が戻ってくれるのです。このようにして、夜半十二時をしらせる柱時計の音を聞いた感激。「ああ、とうとうきょう一日、親と子が共に生きさせていただくことができた。でも、今から始まる新しいきょうは?」と思ったあの思い。「ああ、きょうも親子で息させていただくことができた」「ああ、きょうも共に生きさせていただけた」おいうよろこびを重ねて、とうとう新しい年を迎えさせていただくことができた日の感激。  その後、男の子二人を恵んでいただき、それぞれが揃って大きくなってくれたのですが、日を暮らして勤めから帰ってきますと、百人に一人の命をいただいた娘が「お父ちゃんお帰り」と叫んで、前から私の首たまにとびついてきます。長男が同じように叫んで後から首たまに飛びついてぶらさがります。末っ子はぶらさがるところがありません。「モオーッ」と牛の鳴きまねをしながら、四つんばいになって私の股くぐりをします。「何がまちがっても、絶対まちがいなくやってくることは、このかわいい者たちと別れなければならない日がくるということだ。それだのに、いま、こうして親と子が共にたわむれることができるこのただごとでないしあわせを、しあわせと受けとらずに、一体、これ以上のどんなしあわせがあるものか」と、私自身に言い聞かせずにおれなくしていただいた私です。  落とせば、今すぐにでも壊れてしまう茶碗が壊れずに今ここにある、そう気づかせていただくと、茶碗のいのちが輝いて拝めます。私たち親子のいのちも、落とせば壊れるいのちです。だからこそ、無倦の大悲がかけられているのです。(※無倦の大悲=見捨てることがない阿弥陀如来の救い)

8 / 8« 先頭...45678
ページ上部へ