簡単まごころレシピ

鴨ロース

19

材料

合鴨の抱き身(ロース肉) 1枚

白ねぎ 1本

調味料A
酒 150cc
みりん 100cc
水 200cc
砂糖 大さじ1

薄口醤油 150cc

作り方

1. 鴨肉の皮の部分をフォークでまんべんに20回ぐらい刺す。
2. フライパンを中火にかけ、皮目を下にしてよく焼き、ひっくり返して身を1分焼く。
3. ペーパーの上に皮目を下にして置き、油を切る。
4. 調味料Aをひと煮立ちさせた後、醤油を加えもうひと煮立ちさせ、つけ汁を作る。
5. 蒸し器(湯気の上がっている状態)の中に皮目を下にした鴨肉(3)をボールに入れ、(4)を容れて5分蒸し、皮目を上にして3分蒸す。
6. 蒸しあがった鴨肉をザルに上げ、斜めに立てかけるようにして血抜きをして冷ます。
7. (5)で出たつけ汁を冷まし、(6)を入れてつけ込む。
8. つけ汁の中にからしを入れてつけだれを作り、さらした白ねぎを添える。

ここだけの話

紅葉が鮮やかになる頃から、お料理の味付けはやや濃くしたほうがおいしく感じられるようになります。鴨ロースの生っぽさが苦手な方は、蒸し時間を倍にして下さい。おもてなしのお料理や重箱に。また残ったつけ汁は、もったいないので小芋や蓮根などの煮汁としてお使いになると、最後までおいしくいただけます。 

本願寺出版「大乗」より転載
ページ上部へ