簡単まごころレシピ

鰆のみそ漬け 菊花かぶら添え

31

材料

(2人分)
鰆 (3枚におろしたもの)2切れ
白粗みそ 500グラム
酒 1/4カップ
みりん 1/4カップ
塩 小さじ1/5
かぶら 少々

A (三杯酢)
 酢 大さじ3
 砂糖 小さじ2
 だし 大さじ2
 塩 小さじ1/2

昆布(1cm×1cm) 1枚
赤とうがらし 1本

作り方

1. 鰆に塩をふり、3時間ほどおく。
2. 白粗みそに酒とみりんを入れ、よく混ぜてみそ床を作り、(1)を入れて2、3日おく。
3. みそをよくふき取り、遠火の弱火で焼く。

【菊花かぶら】
1. かぶらを1.5cmぐらいの厚みに切り、底を5mmほど残して布目に切り目を入れ、2cm×2cmに切り分ける。
2. Aをよく混ぜて昆布と赤とうがらしの輪切りを入れ、かぶらを漬ける。
3. 盛りつける時に軽く汁気を切り、切り口を広げて芯に子口切りの赤とうがらしを飾る。

ここだけの話

鰆は冬から初春にかけて脂がのります。材料のみそ床は多めの量なので、まながつお、甘鯛、ぶりなどの魚類や、ゆで豚やゆで卵の他、大根、にんじん、セロリなどの野菜を漬けてもおいしくいただけます。みその種類はお好みのものでも結構です。酒とみりんの分量で加減して、冷蔵庫で保存してください。

本願寺出版「大乗」より転載
ページ上部へ