簡単まごころレシピ

ちりめん山椒

13

材料

【 2人前 】
じゃこ 100g
実山椒 30g
塩 少々

A
酒 120cc
醤油 60cc
みりん 60cc

B
酒 30cc
薄口醤油 15cc

作り方

1. 実山椒は枝から実をはずし、熱湯に塩を少々入れてサっと茹で、ザルに上げて水気を切る。
2. Bを鍋に入れ、沸騰したら(1)を入れて中火弱の火加減で汁気がなくなるまで手早く煎る。
3. じゃこは目の粗いザルに入れて振り、ゴミなどを落とす。
4. 鍋に水をたっぷり入れ、沸騰したら(3)を入れて鍋ふちのアクを取り、サッと湯通ししてザルに上げる。
5. 底の広いザルに(4)を煎れ、水気をよく切り、扇風機の風をあてて水気を切る。
6. 鍋にAを入れ、煮立ったら(5)を入れて中火にし、おはしでかき混ぜながら汁気を飛ばし、5分ほど煮たら火を止めてザルに上げる。
7. ザルに上げて扇風機の風を当て、時々ザルを振って水気を飛ばす。

ここだけの話

「ちりめん山椒」と言えば、京みやげの代表となりましたが、私の祖母がよく「おまわり(おばんざい)」の一つとして作ってくれました。じゃこの煮物は冷蔵庫で保存すれば、次回酒を加えるだけで繰り返し使えます。日持ちをよくしたい時は、一番最後に焼酎を少しふりかけます。また、お茶殻の葉を入れると風味がでますし、お茶葉を最後まで美味しくいただくことができます。調味料の加減をして、それぞれのご家庭の味を楽しんでいただきたいと思います。

本願寺出版「大乗」より転載
ページ上部へ