簡単まごころレシピ

お茶のごはんと天ぷら

14

材料

● ごはん【 2人前 】
茶葉 20g程度
(煎茶または玉露など2煎目以降のもの)
お米 2合
塩 少々(お好みの加減で)

● 天ぷら 【 2人前 】
茶葉 20g程度
(煎茶または玉露など2煎目以降のもの)
天ぷら粉 大さじ3
水 大さじ3
塩 少々

作り方

● ごはん
1. お米は普段どおりの手順・水加減で炊く。水の代わりにお茶でもよい。塩を加える。
2. 炊き上がったら、茶葉を加え切るようにさっくりと混ぜる。

● 天ぷら
1. 天ぷら粉、冷水をサックリと混ぜ、水気を切った茶葉を入れて混ぜる。
2. しゃもじの上に好みの量の(1)を平らになるように広げ、180度の油の中に静かに入れて揚げる。
3. お好みで塩を添える。

ここだけの話

新茶も出回り、お茶のおいしい季節になりました。茶葉は2煎目ぐらいまではお茶としていただき、それ以降はごはんや天ぷら、ちりめん山椒などに入れて、茶葉を最後まで召し上がっていただければと思います。ご飯には塩を入れなくてもおいしくいただけますが、お茶との相性で加減してください。茶葉を食するだけでなく、畳の上に茶殻をまき、ほうきで掃除をしていた祖母の姿が思い出されます。私にとって、いた抱いている命を最後まで大切にしていた祖母の心を味わわせていただける一品です。

本願寺出版「大乗」より転載
ページ上部へ